OSTの様子

オープンスペーステクノロジーの流れ

オープン・スペース・テクノロジー(Open Space Technology, OST)はHarrison Owenによって1985年に開発され、参加者が解決したい課題を自ら提案し、主体的に話し合い、行動計画を立てることを通して、参加者の当事者意識や自己組織化能力を引き出す手法です。基本プロセスおよび原理・法則は以下のとおりです(注)。

<OSTの標準的な進み方>

OSTの進み方

<OSTの原理>

OSTの原理

<OSTの法則>

OSTの法則

主体的移動とは、参加した分科会の話し合いに興味がもてない・貢献できていないと感じたら、自分の意思で別の分科会に移動すべきだという考え方で、ときにはどの分科会にも参加しないという選択をしても構わないというものです。

また、議事録を共有し、優先順位付けをして、実行計画、実行チームの編成について話し合うことが出来ることから、OSTは「決める会議」の要素も持ち合わせているといえます。

(注)Owen, Harrison (1997) Open Space Technology. San Francisco, CA: Berrett-Koehler (株式会社ヒューマンバリュー訳『オープン・スペース・テクノロジー』ヒューマンバリュー, 2007).

関連記事

  1. ホールシステムアプローチの考え方

  2. webinar

    オンライン授業のファシリテーション その1

  3. プロセスとは何か

  4. ピンチの時にすることは??

  5. ファシリテーション力養成道場2017

  6. そもそも価値観とは何か?

  7. ワールドカフェの流れ

  8. ZOOMで参加者自身に自由に移動してもらう方法